2018年9月11日火曜日

9/8 大磯探鳥会


参加者7名 
お目当てのアオバトとともに、ハヤブサ・イソヒヨドリ・オオミズナギドリ・ウミネコなどが観察することができました。
 山中湖から山北町までは大雨、大磯町は良く晴れて暑いほどでした。

 

2018年8月4日土曜日

8/4 明見湖探鳥会

 参加者8名
観察された鳥はエクリプスのマガモ一家、カルガモ、アオサギ、イワツバメなど10数種。
 カワセミは観察会開始前に幼鳥がハスの蕾に留まっているのが確認されましたが、観察会の間は出てきませんでした。
 湖畔一周ではハラヒロトンボを観察することができました。明見湖では初めて生育が確認されたとのことです。
 その後は、施設にて本会副会長である動物写真家中川さんから、貴重な動画や写真を紹介していただきました。
 観察会終了後は理事会が開催され、本年度後期の活動計画等が協議されました。
 観察会の計画は、後日、会員の皆さんの元には郵送されます。また、本ブログにも掲載予定です。




2018年7月4日水曜日

7/1 滝沢林道探鳥会

参加者 20名
良い天気に恵まれ、28種を確認しました。
さらに、ハチクマのペアでの飛翔、チョウゲンボウの争う姿、コサメビタキのフラインキャッチ等、貴重なシーンを観察することができました。 

2018年6月23日土曜日

ヒバリの白化個体発見

農村公園にヒバリの白化個体が生まれました。
親について歩いたり飛んだりしています。畑に伏せて身を隠しているのですが、全くの丸見えです。生き延びることができるのでしょうか。(水越)

2018年6月9日土曜日

6/3 梨ヶ原探鳥会

 例年より1時間開始時間を早めましたが、熱心な会員が14名参加しました。

 しかも、この上のない快晴に恵まれました。こんな天気は年に何回もないものです。

 オオジシギ、カッコウ、ノビタキなど14種、草原の鳥ほぼ全てを観察できました。


 オオジシギは上空を飛んでいたものが、10数メートルの距離に舞い降りたり、しばらくしてまた飛び立ったりと、まれな経験でした。
カッコウも間近を通過していきました。
 皆さん大満足の様子でした。

2018年5月17日木曜日

5/13 バードウィーク探鳥会

全国一斉探鳥会に併せ、富士吉田市の農村公園周辺で実施しました。
参加者10名
チュウサギ、タシギ、キアシシギなど23種が確認できました。
 山の方からホトトギスの声も聞こえました。

2018年5月6日日曜日

5/6 剣丸尾早朝探鳥会

 早朝にもかかわらず、参加者15名と久しぶりに賑やかな観察会でした。
 鳥の声も賑やかでなのですが、残念ながら新緑に隠れ、なかなか姿は現してくれませんでした。
 しかし、コルリ・ノジゴ・センダイムシクイ・キビタキ・ホオジロ・アカゲラ・アオゲラ・イカルなど、声だけのものも含め22種を確認、コガラのつがいが巣作りをしている様子も観察できました。
 やや気温は低かったものの、天気に恵まれ、爽やかな時間を過ごすことができました。


2018年4月8日日曜日

30年度前期 探鳥会予定表

     
 ※参加を希望される方は、担当者へ1週間前までに
  必ず電話連絡をしてください。
  なお、その際、担当者から当日の連絡先をお伺いします。

5月6日(日)剣丸尾早朝探鳥会 
 担当:水越(0555-23-8369
 集合場所:河口湖駅前 6:00 
   現地:河口湖フイールドセンター 6:30 
 持ち物:観察道具・雨具  
 期待される鳥:キビタキ・オオルリ・カッコウ・
        アオバト・ツツドリなど

5月13日(日)農村公園バードウィーク探鳥会
        全国一斉探鳥会 
 担当:小澤(0555-23-1214)  
 集合場所:農村公園駐車場 7:00  
 持ち物:観察道具・雨具
 期待される鳥:ホオアカ・ホオジロ・タシギ・ノスリなど

6月3日(日)梨ヶ原早朝探鳥会 
 担当:水越(0555-23-8369
 集合場所:富士吉田道の駅 
      富士山ドーム横駐車場 5:00
持ち物:観察道具・雨具
期待される鳥:オオジシギ・ノビタキ・カッコウ・
       ホトトギス・コヨシキリなど

7月1日(日)滝沢林道探鳥会 
 担当:水越(0555-23-8369           
 集合場所:富士吉田道の駅 
     富士山ドーム横駐車場 6:00
 持ち物:観察道具・雨具・防寒具・弁当
 期待される鳥:ビンズイ・ルリビタキ・ウソ・ホシガラスなど

8月日()明見湖自然観察会 
 担当:中川(0555-24-7209
 集合場所:明見湖畔 6:00  
 持ち物:観察道具・雨具
 期待される鳥:カワセミ・カイツブリ・アオサギ・ツバメなど
       蓮の花

9月8日(土)大磯アオバト探鳥会 
 担当:水越(0555-23-8369
 集合場所:河口湖駅前 5:00      
持ち物;観察道具・雨具・弁当
 期待されるもの:アオバト・ハヤブサなど

9月22日()白樺峠 タカの渡り観察会
 担当:渡辺(信)(0555-22-1703
 集合場所:河口湖駅前 4:30
 持ち物:観察道具・雨具・弁当
 期待される鳥:ハチクマ・サシバなど
  
 ※参加を希望される方は、担当者へ1週間前までに
  必ず電話連絡をしてください。
  なお、その際、担当者から当日の連絡先をお伺いします。

2018年3月25日日曜日

3/25 明見湖探鳥・学習会 

参加者:9名
観察できた野鳥:オカヨシガモ・コカモ・マガモ・ヒドリガモ・オオバン・カイツブリ・ダイサギ・カワウ など

水を抜いて外来魚を駆除し、また、ハスの株数を制限したことで、明見湖(通称「ハスイケ」)の自然がとても豊かになりました。
順光の好条件で、オカヨシガモのつがいが盛んに採食している姿や、マガモの求愛ディスプレイと交尾を観察することができました。

会の後半は、明見湖におけるカイツブリの営巣・産卵の様子をビデオで学習しました。


2018年2月17日土曜日

2/10三番瀬・神宮の森探鳥会

 参加者6名
 谷津干潟では、20羽を超えるセイタカシギとスズガモを観察。
 三番瀬海浜公園では、逆光で見にくかったのですが、沖に大変な数のスズガモとウミアイサを確認できました。近くにはユリカモメ、シロチドリなども観察できました。
 神宮の森では、お目当てのオシドリはいませんでしたが、ヤマガラの水浴びが間近に観察できました。
 せっかくですので、明治神宮にお参りをしてきましたが、日本人の割合は少なかったです。

1/21 農村公園探鳥会

参加者11名
 農村公園周辺の田んぼでタシギ、タヒバリ、溜め池で水鳥を観察。その後、河口湖へ移動してヒレンジャクを観察。順光できれいに見られて皆さん感激でした。