2019年10月22日火曜日

8/19 秋の明見湖観察会

雨のち曇り 参加者 8名

台風のため延期した観察会です。雨上がりの明見湖を一周している時に、オシドリのメスが飛来してきました。他のカモと飛翔する姿が少し違います。明見湖でオシドリを観察したのは20年以上前だそうです。用心深いバンも観察できました。

マガモ、カルガモ、コガモ、オオバン、バン、オカヨシガモ、オシドリ、アオサギ、カワウ、
セグロセキレイ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ヤマガラ、シジュウカラ、スズ
メ、ハシブトガラス 以上17種類

2019年10月9日水曜日

【重要】探鳥会の延期について

10/12(土)明見湖で予定さていた探鳥会は、台風による荒天が予想されるため、10/19(土)7:00に延期します。

2019年9月8日日曜日

9/8 大磯アオバト観察会

参加者12名、
台風が近づいていたので波が荒かったですが、お目当てのアオバトの出現頻度は高かったです。
海水を飲むしぐさ、群れをなして旋回したときの色の変化など、短い時間でしたがアオバト観察を堪能しました。
終了後は有名な蒲鉾屋さんでお土産を購入し、解散となりました。

2019年8月5日月曜日

令和元年度後期 探鳥会予定表

10月12日(土) 秋の明見湖観察会 
 担当:水越(0555-23-8369) サブ:小澤
 集合場所:明見湖 7:00
 期待される鳥:カワセミ、カモ類等 
 持ち物:観察道具、雨具

11月17日(日) 浮島探鳥会(富士市) 
 担当:渡邉(信)(0555-22-1703)サブ:水越 
 集合場所:富士吉田道の駅 
      富士山ドーム横駐車場 06:00
 期待される鳥:カワセミ、ケリ、タゲリ、
        ミサゴ、カモ 類 
 持ち物:観察道具、雨具

12月8日(日) 朝霧高原探鳥会 
 担当:水越(0555-23-8369) サブ:中川
 集合場所:河口湖駅前 07:00  
 持ち物:観察道具、雨具
 期待される鳥:ツグミ、ベニマシコ、ジョウビタキなど

令和2年1月19日(日) 富士吉田農村公園「冬鳥探鳥会」
 担当:小澤(0555-23-1214) サブ:水越
 集合場所:農村公園駐車場 08:00  
 持ち物:観察道具、雨具
 期待される鳥:タシギ、タヒバリ、マガモ、
        コガモ、ハシビロガモなど

2月8日(土) 富士宮 沼久保 水辺の樂校
 担当:水越(0555-23-8369) 
 集合場所:河口湖駅前 07:00 
 期待される鳥:オシドリ、イカル等
 持ち物:観察道具、雨具

2月22日(土) 巣箱作りとカワセミの巣穴作り 
 担当:水越(0555-23-8369) 
 サブ:中川(090-8037-8524)
 集合場所:明見湖公園体験工房 9:00~12:00
      道具類は貸し出します。
      材料費として、500円を集金します。

4月5日(日) 令和2年度 富士山麓支部総会  
 担当:水越(0555-23-8369)
 集合場所:山梨県立富士山科学研究所 9:00

※探鳥会は車の乗り合わせがありますので、1週間前までには連絡をお願いします。


 大好評!富士山麓支部オリジナル図鑑



2019年8月3日土曜日

8/3 明見湖探鳥会

 満開のハスの花の中、女子高校生も含め15名という、賑やかな探鳥会でした。
 カワセミ・カイツブリ・アオサギなど予定していた鳥を含めて22種を確認できました。
 その後、施設内で本会副会長の動物写真家中川さんから、カワセミやカラスを中心とした鳥の生態について動画で解説を受けました。
 探鳥会終了後、理事会が開かれ、後期の予定等を協議しました。
 
  大好評!富士山麓支部オリジナル図鑑


2019年7月7日日曜日

日本野鳥の会中部ブロック会議参加報告

日本野鳥の会中部ブロック会議第27回岐阜大会に参加しましたのでご報告します。

日時 6月8日、6月9日
場所 飛騨にゅうかわ温泉 飛岳銀嶺荘
内容: 講演「乗鞍岳のライチョウ」小林篤先生

協議事項: 各連携団体が保管する鳥情報のデータ化(愛知県支部)、
ガンカモ調査の育成システムの構築(愛知県支部)
報告事項 :遠江、新潟県、岐阜、愛知、三重 各支部

ライチョウ調査で有名な小林篤先生のお話を聞くことができました。先日、中央アルプスでライチョウの雛が確認され、絶滅したと考えられていた中央アルプスのライチョウが50年ぶりに復活したと報道されました。環境省による無精卵を有精卵に取り替える作戦との内容でしたが、小林先生はこの日まさに乗鞍岳で有精卵を採り中央アルプスに向かう途中で寄ってくれて、夕方無精卵を有精卵に取り替えるとのことでした。ライチョウの研究や生態調査の歴史や現在の状況等を体験に基づいた興味深い話を聞かせていただきました。
その中で、ライチョウは日本では古来から山岳信仰により神聖な高山にすむ鳥、神の鳥として非常に大事にされてきた。そのため、日本のライチョウは人を全く恐れないとのことでした。ちなみに海外では狩猟の対象であったため人を見ると逃げるそうです。このことは翌日のライチョウ観察で実感することになりました。あいにくの濃霧と小雨の中で視界が非常に悪く遠くが見えません。しかし2メートル位までライチョウに近づいても平気で行動していて、ゆっくり観察することができて感動しました。
 各支部の皆様との協議や報告を聞くことができ交流も深まって有意義な2日間を過ごしました。

2019年6月4日火曜日

6/2 梨ヶ原探鳥会

参加者19名、
天気・曇/晴
ウグイス、カッコー、キジ、ホオアカ、ノスリ、ノビタキ、アカゲラ、オオジシギ、オオヨシキリ、キジバト、コムクドリ、クマタカ、ヒバリ、コヨシキリ、アオジ、ムクドリ、ハシブトガラス、以上17種類。
木の枝に止まるキジを見ることができました。キジは夜間天敵を避けるために木に止まるのですが、実際に見ることは珍しいです。
また、クマタカが低空で通過しました。草原ですから、これも珍しいです。

大好評!富士山麓支部オリジナル図鑑